読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレゼントの行方

どんなものをあげたとかあげたプレゼントを使ってもらえたっていう話はよく見かけるけど横流しされたっていうのはあまり見たことがない。
横流し、それは人気商売である舞台役者が手っ取り早く炎上できる炎上ネタのひとつだと思う。

個人的にプレゼントは自己満なのであげたものを使おうが捨てようが誰かにあげようが受け取った側の自由だと思っている。だけどそれは内々にやっている場合の話。
プレゼントは値段やセンスに差はあるけれども多少なりとも相手を想って用意されていると思う。だからプレゼントを他の誰かに渡したということを口外した時点でファンの気持ちを踏みにじったのと同じだと思っている。大袈裟かもしれないけれど人気商売だし、そういう思いがないと遅かれ早かれ炎上するんだろうなと思う。


元推しは横流しという言葉を知らない人だった。
プレゼントに入浴剤やパックといった使い捨てる系の美容グッズがたくさん贈られていたみたいで、ある日のイベントで「頂いた入浴剤などはたくさんあるので母に送っています」って悪びれる様子もなく言ってて馬鹿だなって思った。
そういう事実があったとしても口外すべきではない。なぜなら、ファンは貴方のお母様に使ってもらうためにプレゼントをあげた訳ではないからだ。あの人に使ってもらえるかしら、喜んでくれるだろうかといろんなお店を巡って、貴方のことを想いながら選んだプレゼントたちなのだろうから。
まあ、入浴剤なんて一生分貰いましたとか言う俳優をわりとよく見かけるくらいだからみんなあげてるんだろうし没個性すぎて究極のネタぎれにならない限りわたしは絶対にあげないけどね。

話が脱線したけど、元推しはそんな感じで自分が発言したことがファンを少なからず傷つけてしまう言葉だとまったく理解していない人だった。実際、わたしがあげたあるプレゼントについてtwitterで話題にしてくれたことがあって後日接触イベでそのことについて聞いてみたら「母にあげたんだ〜」って普通に言われて貴方がそのプレゼントに対してどう思ったか聞きたかったのに……と悲しくなった。元推しから離れたのはこういうところが嫌だったからなのも原因の一つだと思う。


今までプレゼントに関する様々なエントリーを読んだけどどれも好きな人への愛情や想いに溢れていた。だけどどんなに愛情や想いが篭っていても自分の好みじゃなかったり、あまりにもたくさんありすぎていらなかったりすることだってきっとあるだろう。聖人じゃないのだから捨てたり、誰か自分以外の人にあげたり、売ったりすることだってあるかもしれない。それを咎めることはしないけれど、どうか、どうかその行為がわたしたちファンの目や耳に届かないように情報の管理をしてほしい。ましてや自分からファンに言ってしまうような真似を絶対にして欲しくない。

幸い、推しは今のところそういう素振りを見せないし、むしろあげたプレゼントの感想を次に会った時に報告してくるような律儀さを持ってくれている。だけどこれは人気も知名度もないからなのかもしれない。
いつかたくさんファンができて元推しのようにファンの気持ちなんて考えないような役者になってしまったらどうしようと、いつ来るかもわからない未来に怯えている。