読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お手紙について

たまにファンの方から貰うもので1番嬉しいのはお手紙ですって言う子いるけど君は山羊なのかい?って思うのはわたしだけでしょうか。そんなテンションなわたしのお手紙についてのあれやこれやです。

 

 

①宛名

封筒にはフルネーム様へ

便箋の1番上は(呼び名)へ

が基本スタイル。

基本的に心から応援したいって思った人にしかお手紙は出さないので元推しと最推し以外の呼び名が固定されてない方への宛名は全部フルネーム様へ、かな。

最推しは好きになって2年が経とうとしているかつ認知ももらっているくせにいまだに名字呼びだからそろそろ名前で呼びたいとは思っているけどタイミングが掴めずだらだらと便箋の1番上には名字が飾られている。無念。

 

②書き出し

こんにちは、名前です。が基本スタイル。

前回のお手紙から1ヵ月以上空くようならこんにちは、の後にお久しぶりです、を入れる。

元推しオンリーで推してた頃は少しでも覚えてもらいたくてアイドルの簡易自己紹介文みたいな一行を挟んでいたけど、元推しに覚えてもらいたいなんて幻想は捨てたので今はこれ。

 

③内容

元推しのときはあんまり多ステしてなかったしお手紙も1つの公演につき1通くらいしか出してなかったから前回の舞台の感想メインで今回の舞台はどこどこが楽しみです的なことをさくっと書いてた。

最推しは1つの公演期間の半分は行くので最初は今回の舞台の楽しみなところを主に書いてる。だがしかし小劇場メインなのであらすじがあまりにもふわっとしていることが多く推しの役柄がまったくわからないことが多いので書くことがほとんどなくて最悪自分の近況とか書くこともある。地元に雪が降ったとかレベルの世間話。

公演中日と終盤は舞台の感想。作品自体の感想とか推しの役のどこどこがよかったとか推しの役の印象とか。とにかく褒めそやす。モンペ。

 

④締め

お怪我のないように〜とかお身体に気をつけてください、とかかな。最後は必ず応援してます。で締める。

 

⑤手紙を出す頻度

③でもちょっと書いたけど元推しのときは1つの公演に1通くらい。最近は出席カードなノリ。どうせ自分のことなんて覚えてないだろうけど来たよってことを知らせる意味を込めて。

最推しは1日1通くらい。マチソワでマチネに手紙出したけどどうしても伝えたいことがあったらプレゼントと共に付箋に一筆書いてる。

 

⑥手紙の量

舞台のときは大体1枚〜2枚。

過去に元推しの初めてのイベントに便箋4枚書いたことあるけどあれは例外。初めてのイベントに感極まりすぎた。

 

⑦手紙の種類

元推しオンリーで推してたときは少しでも覚えてもらいたくて無地の便箋と封筒をまとめ買いして毎回同じもので出せるようにしてたけど、今は基本市販のレターセット。キャラもんだったりシンプルなやつだったり。1袋使いきれなくって中途半端な数の便箋と封筒が大量に余って困る。

クリスマスとかハロウィンとか季節のイベントが舞台に被ればクリスマスカードとかに書くこともある。

 

 

 

字が綺麗ではないので舞台俳優オタクになってお手紙を書くようになってボールペン習字を始めたくなった。綺麗な字が書けるいい方法があればどなたか教えてください。